変えられた人

成功の再定義

1977年、私は自分のことを成功者だと思っていました。非常に成功している事業の半分を所有し、博士号もあり、結婚して3人の子どもにも恵まれていました。これら全てを達成できたのは、自分の能力と知恵によるのだと信じていました。一生懸命努力さえすれば何でもできるのだと思い込んでいたのです。自分の知識、意志の強さ、学位、事業における成功は、私にとっては重要なものであり、何よりも優先させていました.

息子のアランには、自分とは違った優先順位がありました。アランはイエス・キリストが自分にとってどのような意味があるのか、私に話そうとしましたが、私はイエスなんか必要ないと思っていました。私は、自分の力で何でもできるんだと言ってやりました。私が断固としてキリスト教の教えを拒んでいたものですから、アランは、教会の牧師に「父は絶対にクリスチャンにならないだろう」と言っていたそうです.


真実を読みとる

後に、アランは重病を患い、入院しました。アランの心拍が停止すると、私は、痛み、苦悩、無力さにあえいで、緊急治療室の外に立ちつくしていました。自分の力ですべてできるわけではないことに、私が気付いたのはそのときです。息子が死の淵をさまよっているというのに、私にできることは何一つないのです。私にはどうやって祈ればいいのかさえわかりませんでした.

アランは心拍停止状態からは脱しましたが、頭部に重い感染症を患い、長い間病院に留まることになりました。「神様がすべてを支配なさっている。自分のこの病気が、お父さんをキリストに立ち返らせるために、神様が意図なさったことだったら、自分が通っている試練にはすべて価値があるよ。」とアランは私に言いました。私はこの言葉に震え上がるほど仰天しました.

私は息子の枕元で、毎日アランに聖書を読み聞かせました。私はこのとき初めて、聖書とイエス様について学び始めたのです。アランのイエス様への強い信仰と、私が聖書で読んだことが調和して、私はイエス様が本物だということを悟りました。イエス様はご自分が真に神の御子であられると断言なさいました。私はイエス様が真実を語られているに違いないと考えて、イエス様のお言葉を受け入れました.


理解を超えた平安

1か月後、私はキリストに私の人生をご支配し、私の主、救い主となってくださいと願いました。神様が私にもっと意義深い人生を送ってもらいたいと願っているのがわかったのです。アランは私の決心を聞いてとても喜び、私のために長い間祈ってくれました.

私が決心をしてから3週間後、アランは昏睡状態に陥りました。息子が静かに息を引き取り、この地上を離れて彼の主である救い主のもとに行くまでの3日間、私はほとんど彼のそばを離れませんでした。クリスチャンとしての新たな人生を、息子と共に送ることをどんなに楽しみにしていたことでしょう。しかし、アランは今、天国で永遠に生き続け、私はいつか彼と再会するのです。悲しみに打ちひしがれてはいましたが、神様は妻と私に人知をはるかに超えた平安と希望をくださいました .

今や私の人生では神様が最優先です。意思決定における私の方針もこれまでとは全く違うものになりました。日々のビジネス上の決定を行うときは、自分の知識のみには絶対頼らず、神様の助けを求めます。私の知恵など、神様の無限の知恵にはとうてい及びません。何よりも素晴らしいのは、何が起ころうとも、私の人生には喜びがあるということです。なんと言っても、私には心待ちにしている永遠の命がありますから.

ご自分の人生について考えてみてください。あなたの人生はどのような感じでしょうか。満ち足りている。忙しい。楽しい。ストレスが多い。前向き。後ろ向き。だれもが、ときには、このような人生をすべて経験していると思います。いつかはやってみたいと夢見ていること、忘れたいと思っていることなど、いろいろあります。聖書には、イエス様はすべてを新しくするために来られたとあります。すべてを白紙に戻してやり直すことができたら、あなたの人生はどのよう見えると思いますか?


希望をもって生きる

もし平安を望んでいるなら、あなたの人生を清算する方法が一つあります。完ぺきな人はいませんし、完ぺきな人生というものもありません。しかし、私たち一人一人が、神の御子、イエス・キリストを通し、神様との個人的な関係を持つことによって、完全なる恵みを経験することができるのです.

祈りを通し信仰をもって、今すぐキリストを受け入れてください。祈りというのは、神様とありのままにお話するということです。神様はあなたの心のうちを知っておられるので、あなたが話す言葉よりも、あなたの心の態度に関心を持たれています。どうぞ以下のお祈りを参考にして下さい:

主なるイエス様、あなたのことを個人的に知りたいのです。私の罪のために十字架の上で死んでくださったことを感謝します。私の人生のドアを開け、私の救い主としてお迎えします。どうか私の人生をご支配下さい。私の罪を赦し、永遠の命をくださったことを感謝します。あなたが望むような者に私を変えてください.

この祈りは、あなたの心からの願いでしょうか。今この場で祈ってみてください。イエス様はお約束どおり、あなたの人生を導いてくださいます. 


これはあなたが望んでいる人生ですか?

キリストをあなたの人生にお迎えしたら、神様が共におられ、あなたのもとを決して離れないこと、あなたに永遠の命が与えられたことを覚えて、いつも神様に感謝してください。あなたと神様との関係、そして神様がどんなにあなたを愛しておられるかを知れば知るほど、最高に満ち足りた人生を送ることができるようになります.

                                         

                            最初に明確にしておきたい質問があります