変えられた人

事故によって見つけた

それは突然の事でした。 バンが土手に衝突する直前、夫にしっかり掴まるように言うことすら出来ませんでした。 バンはコントロールが効かず、横転を繰り返し、道路の脇の溝にひっくり返ってしまいました。しかし驚くことに、 私達は全くの無傷でした。

私達がツアーのために運んでいた楽器は散々に散らばっていました。その夜、冷たく暗い道路の脇の溝の中で、 私は神様が私の人生における2度目のチャンスをくれようとしているのだと思いました。 子供の頃を振り返ると、とても荒んだものでした。性的に虐待されましたし、父はアルコール中毒で自殺してしまいました。
母は乳癌で、また私の一番上の兄はヘロインの乱用による事故によって亡くなりました。その悲しみの真只中、神様はいつも私のそばに居てくださり、また私を愛してくださいました。しかし10代後半の時、私は家を出て二度と神様の事を考えることはありませんでした。そして狂気じみた生活が始まったのです。
私は神様に対する信仰を絨毯の下にそっと掃き捨てました。もはや神様を必要だとは思いませんでした。しかしこの新しい生活はわたしがかつて抱いていた神様に対する貴重な価値観とは全く相反するものでした。次第に自己嫌悪におちいり, 空虚感に満たされ、そして誰からも愛されていないと感じるようになりました。
事故が起きたのは丁度その頃でした。それは私にとって大きな転換機でした。「分かりました、神様。私はもうこれ以上この様な生活は出来ません。もう1度、私自身をあなた様に御委ねします。」、こう神様に対して言ったのです。 この時からでした、私の癒しの旅路がはじまったのは。
神様の助けによって、人生における傷を治すことができました。神の癒しの手が私の心に差し伸べられ、触れてくださいました。神様はもう1度私に人生におけるチャンスを与えて下さったのです。そしてそれ以来、神様の愛が私の心を満たし続けて下さっています。

ご自分の人生について考えてみてください。あなたの人生はどのような感じでしょうか。満ち足りている。忙しい。楽しい。ストレスが多い。前向き。後ろ向き。だれもが、ときには、このような人生をすべて経験していると思います。いつかはやってみたいと夢見ていること、忘れたいと思っていることなど、いろいろあります。聖書には、イエス様はすべてを新しくするために来られたとあります。すべてを白紙に戻してやり直すことができたら、あなたの人生はどのよう見えると思いますか?


希望をもって生きる

もし平安を望んでいるなら、あなたの人生を清算する方法が一つあります。完ぺきな人はいませんし、完ぺきな人生というものもありません。しかし、私たち一人一人が、神の御子、イエス・キリストを通し、神様との個人的な関係を持つことによって、完全なる恵みを経験することができるのです.

祈りを通し信仰をもって、今すぐキリストを受け入れてください。祈りというのは、神様とありのままにお話するということです。神様はあなたの心のうちを知っておられるので、あなたが話す言葉よりも、あなたの心の態度に関心を持たれています。どうぞ以下のお祈りを参考にして下さい:

主なるイエス様、あなたのことを個人的に知りたいのです。私の罪のために十字架の上で死んでくださったことを感謝します。私の人生のドアを開け、私の救い主としてお迎えします。どうか私の人生をご支配下さい。私の罪を赦し、永遠の命をくださったことを感謝します。あなたが望むような者に私を変えてください.

この祈りは、あなたの心からの願いでしょうか。今この場で祈ってみてください。イエス様はお約束どおり、あなたの人生を導いてくださいます. 


これはあなたが望んでいる人生ですか?

キリストをあなたの人生にお迎えしたら、神様が共におられ、あなたのもとを決して離れないこと、あなたに永遠の命が与えられたことを覚えて、いつも神様に感謝してください。あなたと神様との関係、そして神様がどんなにあなたを愛しておられるかを知れば知るほど、最高に満ち足りた人生を送ることができるようになります.

                                         

                            最初に明確にしておきたい質問があります